奈良の刀剣

本展は、近年特に幅広い世代に関心を集めている刀剣の魅力を取り上げ、奈良ゆかりの刀剣を主として、古代から現代まで続く刀の文化とその芸術性、併せて現代に活躍する奈良ゆかりの刀匠の活動を紹介することで、多彩な角度から刀剣の魅力への入り口とするものです。

【展示構成】

1. 奈良ゆかりの刀剣
1.1(刀剣の歴史) 祈りの刀剣象徴としてのかたな
1.-2(刀剣の美) 刀剣の造形美を味わう
2. 鐔の造形 -刀装具 刀を飾る-

3. 現代奈良の刀剣

会期・会場

公開期間:平成30年4月21日(土)~6月24日(日)

休館日:月曜日

公開時間:9時~17時(受付は16時半)

会場:奈良県立美術館



主な展示

 

 

 

 

 

 

 

【七支刀(鋳造復元品)】

石上神宮で祀られる国宝・七支刀を復元実験プロジェクトチームによりそれぞれ「鍛造」と「鋳造」で復元されています。

 

 

 

 

 

 

 

色々威腹巻、大袖・喉輪付】

桃山時代の鎧でそのカラフルさが特徴的です。

 

 

 

 

 

 

 

(二代)月山貞一(がっさんさだいち)・月山貞利(がっさんさだとし) による合作。

(表)「太阿(たいあ)月山貞一貞利」

(裏)「平成七年五月吉日」

 

 

【河内國平】

「太刀(たち)号 末永(すえなが)

銘(表)恩師末永雅雄先生國平製之

 (裏)寿 文化勲章平成元年春惜月」

近隣のおすすめスポット

【興福寺】

世界遺産「古都奈良の文化財」に登録されている奈良を代表する寺院です。藤原鎌足夫人の鏡大王が夫の病気平癒を願い、669年に山背国山階(京都府)に創建した山階寺が当寺の起源とされ、710年に平城京に遷都した際に現在の地に移転し、興福寺の寺号となりました。有名な阿修羅像をはじめ、日本の国宝仏像の約13%を所蔵しています。

興福寺の御朱印こちらで詳しく紹介しています。

【奈良国立博物館】

正倉院展など毎年様々な展示をしている奈良国立博物館です。奈良国立博物館は新館となら仏像館に分けられ、ずべてを観覧すると半日ほどかかるほど見応えのある博物館です。

なら仏像館は飛鳥時代から鎌倉時代にいたる日本の仏像を中心に、国宝、重要文化財を含む常時100体近くの仏像を展示する、国内の博物館では、もっとも充実した仏像の展示施設です。




アクセス

<住所> 

<電話> 0742-23-3968

<駐車場> なし(近隣に民間の駐車場あり)