薬師寺

薬師寺は、南都六宗の一つである法相宗の大本山です。天武天皇は皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願し藤原京に薬師寺を発願しました。薬師三尊像や、東塔・西塔などその見た目の美しさから日本で最も美しいと寺院とも称されています。

薬師寺の御朱印についてはこちらで詳しく紹介しています。

薬師寺の歴史

680年、天武天皇は皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願し藤原京に薬師寺を発願しました。698年に完成しましたが、天武天皇は完成を見ることなく亡くなりました。710年に都が平城京に移ると、薬師寺も718年に現在の地に移りました。その後は荒廃し境内には東塔と東院堂を残すのみとなっていましたが、昭和期の高田好胤管長の呼びかけによる「百万写経」を達成し現在の姿へと戻りました。

本尊:薬師如来坐像

薬師如来坐像(国宝)

銅造 座高254.7cm、制作年代:白鳳時代

中国・六朝や唐の影響を受けつつ、独自の古典様式を完成した7〜8世紀の作品の中でも最高傑作の1つとされています。飛鳥時代の仏像と比べつと肉付きが良くなっており、顔を丸くなっていることから典型的な白鳳仏と言えます。薬師如来像は通常左手に「薬壷」をお持ちですが、奈良時代や平安時代初期の仏像は薬壷を持っていません(例:唐招提寺)。

日光・月光菩薩像

日光・月光菩薩立像(国宝)

銅造 日光菩薩317.3cm、月光菩薩315.3cm  制作年代:白鳳時代

その美しいプロポーションから見るもの全てを虜にする日光・月光菩薩立像です。少し腰のひねったリラックスした様な立ち姿は私たちに柔らかい印象を与えいる、白鳳時代最高傑作と名高い仏像です。薬師如来をお手伝いするために両脇に位置しています。その名の通り「日光」が日中を手伝い、「月光」が夜を手伝うとされ、現代に置き換えると「看護師」の様な役割に当たります。

薬師寺東塔・西塔

 

 

東塔(国宝)

薬師寺が創建当初より唯一残しているのがこの東塔です。一見六重に見えますが、実は三重の塔です。これは各層に裳階「もこし」と言われる小さい屋根があるためで、この大小の屋根の重なりが律動的な美しさをかもし出し「凍れる音楽」という愛称で親しまれています。塔の上層部を相輪「そうりん」といいます。その更に上部に尊い塔が火災にあわぬようにとの願いをこめて、水煙が祀られています。水煙に透かし彫りされた24人の飛天は笛を奏で、花を蒔き、衣を翻し、祈りを捧げる姿で、晴れ渡った大空に御仏を讃えています。

※2020年まで解体修理中

 

 

西塔(昭和51年再建)

創建当初の姿として昭和51年に再建された西塔です。東塔に比べ色鮮やかですが、東塔も創建時にはこの様な色だったと考えられています。また東塔は創建時からありますが、度重なる修復によりその姿が少しずつ変わってきているのに対し、西塔は創建時の姿をそのままを再現しています。※西塔は定期的に初層が公開されています
2018年西塔初層公開日
3月1日〜6月30日
8月13日〜8月15日
9月16日〜11月30日

その他境内の様子

日本で最も美しいとされる白鳳伽藍の薬師寺ですが、見るべきところは白鳳伽藍の中だけではありません。

白鳳伽藍を出て駐車場方面には薬師寺を守護する鎮守社として「休ケ岡八幡宮」があります。また白鳳伽藍を出て唐招提寺方面には法相宗の宗祖・慈恩大師の師で、薬師寺が法相宗の始祖そ崇める玄奘三蔵の威徳を讃えるために建立された「玄奘三蔵院伽藍」があります。かなり広い寺院ですので時間をかけてゆっくり参拝することをオススメします。

※画像は平成29年に落慶した食堂

薬師寺の国宝

薬師寺にはその他にも多くの国宝に指定されているお堂、仏像などがあります。

国宝:聖観世音菩薩像(奈良時代)、神功皇后像・僧形八幡神像・仲津姫命像(平安時代)、佛足跡歌碑(奈良時代)、佛足石(奈良時代)、慈恩大師像(平安時代)、吉祥天女像(奈良時代)、東塔(奈良時代)、東院堂(鎌倉時代)

重要文化財:伝大津皇子坐(鎌倉時代)、講堂三尊像【大講堂】(奈良時代)、十一面観音菩薩立像(奈良時代)、文殊菩薩坐像(奈良時代)、吉祥天立像(平安時代)、地蔵菩薩立像(平安時代)、弥勒菩薩坐像(鎌倉時代)木造四天王立像(平安時代)、狛犬(平安時代)、梵鐘(奈良時代)など

※画像は吉祥天女像

休ヶ丘八幡宮

薬師寺を守護する鎮守社として休ケ岡八幡宮があります。寛平年間(889~898)に大分県宇佐から現在地に勧請されました。現在の社殿は慶長8年(1603)の建物です。平安時代前期の寛平年間に薬師寺別当栄紹によって勧請祭祀された薬師寺鎮守八幡宮の三柱の神像は国宝に指定されています。

休ケ岡八幡宮の御朱印はこちら

薬師寺を参拝する際は、まずこちらの休ケ岡八幡宮から参拝することが習わしです。

天武忌

薬師寺創建を発願された第40代天武天皇は朱鳥[あけみどり]元年(686)9月9日、56歳で崩御されました。例年、薬師寺一山僧侶挙げて、10月9日(旧9月9日)午前9時に、明日香檜隈大内陵[あすかひのくまおおうちのみささぎ]にお参り致します。

夜には万灯会が行われ境内一面に明かりが灯ります。

蓮の御寺

ロータスロードの4ヶ寺の一つとして蓮にはかなり力を入れており、鐘楼周辺に鉢植えの蓮がずらりと並びます。大講堂や平成29年に落慶した食堂など壮麗な歴史的建造物と、蓮の花のコントラストが見どころです。

開花時期:6月下旬~8月中旬(早朝がオススメ)

本薬師寺

薬師寺の造営は藤原京の地(橿原市)で始まりました。天武天皇が没した後、皇后の持統天皇が引き継ぎ、発願から18年後の698年、文武天皇の代に完成したとみられています。その後、平城遷都に際し現在の地に移転されましたが、もとあった薬師寺(本薬師寺)もしばらく存続しており、その寺跡は「本薬師寺跡」として今も残っています。秋にはホテイアオイが境内に咲き誇ります。

本薬師寺についてはこちら→本薬師寺跡

アクセス

<住所> 奈良県奈良市西ノ京町457

<電話> 0742-33-6001

<入山時間>
8:30~17:00

<駐車場> 有料駐車場あり 500円

自動車をご利用の場合

第二阪奈有料道路 宝来ランプから3km
西名阪自動車道 郡山ICから8km

電車をご利用の場合

近鉄西ノ京駅からすぐ