餅飯殿弁財天社

餅飯殿(もちいどの)商店街に鎮座する餅飯殿弁財天社の歴史は古く、814年に弘法大師は南都皇城の守護神として興福寺南円堂の南岸に吉野天河大弁財天社より御分神を勧請、窪之弁財天社を建立鎮座をしました。この地は餅飯のお供えを調え17日の法要をお供えしたところ、この事が後の「餅飯殿町」の由来となったとされています。
同年、この地へ吉野天河大弁財天社より七弁財天神を勧請、鎮座を給わりました。神殿には、当町の町家でお祀りされていた御六座を奉祀申し上げ、残り御一座は当町内の町家に現在も奉祀しています。

天河大弁財天社についてはこちら→天河大弁財天社

月例祭

毎月7日9時30分〜9時50分まで御霊神社宮司により家内安全・商売繁盛を祈願する「月例祭」が行われています。

御霊神社についてはこちら→御霊神社




近くのおすすめスポット

【元興寺】

世界遺産元興寺は蘇我馬子が6世紀末、飛鳥に建立した日本最古の本格的寺院「法興寺(飛鳥寺)」が平城遷都に伴って718年に法興寺は現在の地に移転し元興寺と改めました。奈良時代には興福寺・東大寺と並ぶほどの寺域を誇っていました(現在のなら町ほぼ全域)が衰退し、現在ではその殆どを失いました。

元興寺についてはこちら→元興寺

アクセス

<住所> 奈良県奈良市餅飯殿町 餅飯殿町40

<駐車場> なし

電車でお越しの場合
近鉄奈良駅より徒歩10分