牛頭天王社跡




牛頭天王社跡

吉野山上千本エリアにある牛頭天王社跡です。牛頭天王(ごずてんのう)とは、釈迦の説法道場のことを指します。祇園精舎の守護神であったとされ、日本では素戔嗚尊のことであるとされています。

この地の上方、高城山にあったツツジが城の鎮守社として創建され厚い信仰を集めていた神社でしたが、明治初年の神仏分離令により廃絶され、現在では石段が残るのみとなっています。

近くのおすすめスポット

【高城山展望台】

牛頭天王社跡のすぐ近くにある高城山展望台です。春は吉野山の桜を一望できる桜の名所として、秋は展望台へ続く坂道の紅葉が有名です。標高702mと高所にあるため、金剛山、葛城山、二上山、竜門岳、烏の塒屋山をパノラマで眺めることができます。

詳しくはこちら→高城山展望台

【吉野水分神社】

牛頭天王社跡の近くにある神社です。水分と書いて「みくまり」と珍しい読み方をします。境内にある枝垂れ桜は境内の相性が抜群に良く、開花時期には多くの人が参拝します。ユネスコ世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録されています。

詳しくはこちら→吉野水分神社

アクセス

<住所> 奈良県吉野郡吉野町吉野山

<駐車場> 駐車場なし

電車・バスをご利用の場合
近鉄吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約1時間40分
吉野山駅からバスで23分の「奥千本口」下車、徒歩10分。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です