當麻寺 西南院



西南院

當麻寺の塔頭寺院の一つ、真言宗西南院です。庭園には西塔がそびえ、美しさと力強さがあります。また庭園を眺めながら抹茶をいただくことができ、予約制ではありますが精進料理もいただけます。

御朱印はこちら→西南院御朱印

歴史

西塔(手前)と東塔

西南院は、當麻真人国見が麻呂子親王によって草創された萬法蔵院を、白鳳12年百済の僧正恵潅を導師に迎え當麻寺として還造した時、裏鬼門の守の寺院として創建されたのが始まりで、西塔の別当となりました。

その後弘法大師が来たこともあり、その時より宗派が真言宗となっています。



三観音

HPより引用

西南院本堂に安置する秘仏三尊です。左から千手観音像、本尊十一面観音像、聖観音像で全て重要文化財に指定されています。

【三観音 公開期間】2019年11月22日〜12月1日

花の寺

関西花の寺霊場の一つでもあり、境内には季節ごとに様々な花が楽しめます。特にシャクナゲと牡丹は西南院を代表する花であり開花時期には多くの人が参拝します。

【見頃時期】
シャクナゲ・・・4月中旬〜5月中旬
牡丹・・・4月中旬〜5月中旬

シャクナゲ

牡丹



庭園

西南院の庭園は、江戸初期に造られたものを、中期頃一音法印によって改修された池泉廻遊式庭園で、天平建築の粋たる西塔を東側に組み入れ、水面に映る西塔の美しさは定評があります。また紅葉時には多くの人が訪れます。

紅葉見頃・・・11月中旬〜12月上旬

當麻寺主要寺院

當麻寺では本堂の他に多数の塔頭寺院があります。

當麻寺(本堂)
當麻寺中之坊
當麻寺奥院
當麻寺護念院
當麻寺宗胤院

アクセス

<住所> 奈良県葛城市當麻1263番地

<電話> 0745-48-2202

<拝観料>  大人300円 子ども250円 拝観と抹茶700円

<拝観時間>  9時~17時

<駐車場> 駐車場なし(付近に有料駐車場あり)

電車をご利用の場合
近鉄南大阪線「当麻寺駅」下車 徒歩にて約15分
JR和歌山線「高田駅」下車 タクシーにて約15分
近鉄大阪線「大和高田駅」下車 タクシーにて約15分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です