萬々堂通則



萬々堂通則

江戸時代後期創業の県内屈指の老舗和菓子店として知られます。古くから伝わる伝統和菓子はもちろん、ニーズに合わせた現代風のお菓子まで幅広く対応しています。特に「ぶと饅頭」や「青丹よし」は多くの人に知られ、お土産にも大変人気です。インターネットからも注文できます。

和菓子

【ぶと饅頭】

萬々堂通則を代表する和菓子です。現在のあんドーナツに近いものとイメージしていただければ分かりやすいかもしれません。歴史は古く、飛鳥・奈良時代に伝えられた唐菓子、春日大社の御祭礼にお供えされる神撰の「ぶと」は、この唐菓子の一つです。

【弓月】

鹿と紅葉をデザインした可愛いお菓子です。万葉集にうたわれている三輪の弓月ヶ嶽のなだらかなイメージを御菓子に重ね合わせています。中は小豆のこしあん入りで皮はほんのり生姜風味です。子供にも人気の商品です。

【糊こぼし】

東大寺二月堂で行われる「お水取り(修二会)」にあわせて奈良市内の老舗和菓子店では2月上旬〜3月中旬まで販売される椿を模した季節の生和菓子です。他店の椿菓子に比べてあっさりした印象の味です。

椿菓子の比較についてはこちら→お水取りの椿菓子



近くのおすすめスポット

【興福寺】

「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産に登録され、西国三十三所の第九番札所や阿修羅像で知られます。さらに国宝仏像は全国の13%がここ興福寺の仏像です。平成30年10月には中金堂が落慶しました。

詳しくはこちら→興福寺

【餅飯殿弁財天社】

餅飯殿(もちいどの)商店街に鎮座する神社です。この地は餅飯のお供えを調え17日の法要をお供えしたところ、この事が後の「餅飯殿町」の由来となったとされています。

詳しくはこちら→餅飯殿弁財天社

アクセス

<住所> 奈良県奈良市橋本町34

<電話> 0742-22-2502

<営業時間> 9:00~19:00、木曜日 10:00~17:00

<定休日> 木曜不定休

<駐車場> なし



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です