大雛曼荼羅



大雛曼荼羅

礼堂(重文)にて本尊十一面千手観世音菩薩と1500体以上のお雛様を一緒にお祀りした大雛曼荼羅(だいひなまんだら)を公開します。ここまで大規模な雛人形は全国的にも大変珍しい貴重な公開です。※写真撮影が可能な展示です。地元高取町の町家の雛めぐりと併せての開催です。

公開期間:3月1日〜3月31日



壺阪寺とは

西国三十三所第六番札所として知られ毎日多くの人が参詣する奈良県屈指の名刹です。また眼病封じの寺としても知られ、御本尊十一面千手観音菩薩の眼の病に対するご霊験を頂戴するため、古くから多くの方々に信仰されてきました。境内には多くの石仏があり、スタンプラリー形式で楽しむこともできます。

詳しくはこちら→壺阪寺

アクセス

<住所> 奈良県高市郡高取町壺阪3

<電話> 0744-52-2016

<拝観時間> 9:00〜17:00

<拝観料> 600円

<駐車場> 有料駐車場あり

電車・バスでお越しの方へ
近鉄壺阪山駅からバスまたはタクシー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です