椿まつり(玉列神社)



椿まつり

桜井市の玉列神社(たまつら)は椿の神社として知られ、古くから「玉椿大明神」と称せられました。その名前の通り境内には200種約500本の椿が植えられ、「玉列のつらつら椿」として知られています。

3月最終日曜には椿まつが行われ、祭典のほか、髪に椿の花を付けた巫女による神楽「浦安の舞」の奉奏が行われます。

祭典の後には椿饅頭の販売や、にゅうめんのふるまいもあります。

日程・場所

【日程】3月最終日曜日 11時〜

【場所】玉列神社境内



玉列神社について

玉列(たまつら)神社は玉椿明神と親しまれ、大神神社の摂社です。椿の神社として有名で、3月の見頃時期には境内一面に椿が彩ます。

詳しくはこちら↓↓

玉列神社

祭の様子

11時から祭典が行われ、その後に髪に椿の花を付けた巫女による神楽「浦安の舞」の奉奏が行われます。

また神饌と共に鉢に植えられた椿も並びます。



にゅうめん等の接待

祭典の後には椿にゅうめんの接待のほか、椿饅頭、椿苗の販売が行われます。祭典後〜午後3時まで販売されています。

近くのおすすめスポット

【大神神社】

日本最古の神社として知られる大神神社は大和国一宮として全国の三輪信仰の総本社として栄えています。三輪山を御神体とする当社ではその御神体である三輪山に登拝することができます。

詳しくはこちら↓↓

大神神社

【長谷寺】

全国に末寺三千余ヶ寺、 檀信徒はおよそ三百万人といわれ、 四季を通じ「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめています。特に牡丹の花は有名で春には「牡丹まつり」が開催され多くの参拝客で賑わいます。

詳しくはこちら↓↓

長谷寺

【海石榴市観音堂】

山辺の道沿いにある日本最古の市「海石榴市(つばいち)」に建つ観音堂です。ここは王朝以来、長谷寺詣での宿場として栄え、「源氏物語」「枕草子」にも登場している歴史的に重要な場所です。

詳しくはこちら↓↓

海石榴市観音堂

【金屋の石仏】

山辺の道沿いにある重要文化財に指定されている金屋の石仏です。コンクリート造りの小さいお堂におさめられた二体の仏像は右が釈迦如来像左が弥勒如来像と推定され高さ2.1m、幅83.5cm、厚さ21cmの2枚の岩に浮き彫りにされています。

詳しくはこちら↓↓

金屋の石仏



アクセス

<住所> 奈良県桜井市大字慈恩寺383

<電話> 0744-42-6738

<駐車場> なし

電車でお越しの場合
近鉄大阪線大和朝倉駅下車、北へ徒歩5分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です