松尾寺

矢田丘陵の南端に位置する松尾寺は日本最古の厄除け霊場と知られ、毎日多くの方が厄除けに訪れます。また中世以降は法隆寺の北にあることから法隆寺別院とも呼ばれていました。また室町時代以降は修験道と寺院としても栄えました。毎年春にはバラ、夏にはカサブランカが境内を彩ります。

御朱印はこちら→松尾寺御朱印

松尾寺の歴史

718年、天武天皇の皇子舎人親王が、勅命による日本書紀編纂の折、42歳の厄年であったため、日本書紀の無事完成と厄除けの願をかけて建立された日本最古の厄除霊場です。

親王が松尾山に参詣修行し、ご祈願の養老2年2月初めの午の日、東の山に紫の雲たなびき(瑞雲)、千手千眼観世音菩薩が天降りご出現なされたという「松尾山縁起」により、国運隆昌・国体安穏を祈祷申し上げる勅願寺として、歴代皇室の御叡信厚く、後水尾天皇も御持仏の如意輪観音を下された由緒ある寺です。

秘仏本尊:千手千眼観世音菩薩

本尊:千手千眼観世音菩薩 木造

現在の本尊です。かつての本尊は焼けてしまいその原型は止めておらずその見た目からトルソーと呼ばれておりこちらも秘仏になっています(後述)。

その名の通り、千の手と千の目を持った仏像で、図り知ることの出来ない広大な慈悲の力を備えられ、殊に霊験あらたかと伝わります。

本尊公開日
毎年11月3日

秘仏:トルソー

木造 像高188cm、制作年代8世紀

当初は240cmはあっただろうと思われる一木彫成像で、旧本尊と推定されています。
胸部のくびれた形姿や、胸を後ろに引き腹部を前に突き出す弓なりの側面観によって、菩薩形立像だったと想像されます。

トルソー公開日
9月1日~11月10日




本堂

本堂(重要文化財)

1337年に再建された建物で中世の真言宗本堂の典型的な建築です。内陣では、毎日厄除のご祈祷が行われ、厄年をはじめすべてのやくよけのご祈祷が厳修されます。

内陣には本尊千手千眼観世音菩薩(やくよけ観音)は秘仏で、年に一度11月3日に開扉されます。

舎人親王

舎人親王(676〜735)

天武天皇の皇子として生まれます。日本に伝存する最古の正史、『日本書紀』を編纂した人物と知られています。さらには万葉集にも3首の和歌が残るなど歌人としての一面もありました。松尾寺の他にも同じ大和郡山市内にある東明寺も舎人親王による開基とされています。

舎人親王像公開期間
4月1日~11月30日

その他境内の様子

松尾寺は山一帯が寺院と言っても過言ではなく、山頂付近には松尾山神社(後述)があり、本堂から少し上がったところには三重塔(写真)や十三重石塔があります。

また本堂から下に降りると、収蔵庫や茶室、閼伽井屋があります。

行者堂には日本最大の役行者像が安置されています。

役行者像公開日
毎年9月1日〜9月7日修験道まつり期間




松尾山神社

主祭神:松尾大明神、清滝権現、牛頭天皇

松尾寺の境内にあり松尾山山頂付近に鎮座しています。松尾寺の地主神として祀られていますが、創建年代は不明です。神社境内から奈良時代の鎧瓦などが発掘されており、松尾寺の創建が奈良時代であることを決定づけるものとなりました。

花の寺

毎年5月には境内のお花畑にてバラが一般公開されます。世界各国を原産地とする、大中小の色とりどりのバラを栽培しています。また7月には本堂横のカサブランカが見頃を迎えます。

お花畑(バラ)公開期間
5月3日〜5月27日



アクセス

<住所> 奈良県大和郡山市山田町683 松尾山

<電話> 0743-53-5023

<入山時間> 9:00~16:00

<拝観料> 境内自由

<駐車場> 無料駐車場あり 100台

自動車をご利用の場合

奈良県道123号を進んでいただくと松尾寺に至ります。

電車をご利用の場合

JR大和路線大和小泉駅東口から近鉄郡山駅行バス
または近鉄郡山駅から小泉駅東口行バス「松尾寺口」下車、徒歩約2km