葛木神社

金剛山の山頂(1125m)に鎮座する神社です。心身の鍛練と神社へのお参りを兼ねて、千日登山を目指し、大阪府千早赤阪村から毎日かかさず登山する人は後を絶ちません。葛木神社では、毎年7月7日の役行者の忌日に例祭を催し、一言主大社神に一願成就を祈願して、午後に転法輪寺で蓮華法要の会式が行われます。

御朱印はこちら→葛木神社御朱印

葛上神社の歴史

明治時代に書かれた由緒によると創建は約2000年前、崇神天皇の御代とされます。後の古事記・日本書紀では雄略天皇の金剛山での御狩の話にも登場しており、一言だけ願いをすれば叶う神として有名になりました。

現在は金剛山守護神38社を合祀しています。




御祭神

御祭神
葛木一言主
楠木正成
後醍醐天皇

葛木一言主は清き明き誠の心をもって一言願えば一言聞こし召し給う神様。また日本で始めててを拍って物を受け渡しされた故 事により、拍手の元祖、一言恵美須とも言われ、商売繁昌の福の神とも称せられます。




近くのおすすめスポット

【転法輪寺】

金剛山もほぼ山頂に位置する転法輪寺は古くから修行の聖地として多くの人が訪れています。境内には修行に関する建物が多く存在し、今でも修行が行われている事を物語っています。冬になると雪山になる為参拝には注意が必要です。

詳しくはこちら→転法輪寺

アクセス

<住所> 

<電話> 0721-74-0005

<駐車場> 麓に民間の駐車場あり

電車・バスをご利用の場合

南海林間サンライン線(南海高野線)「河内長野駅」下車、南海バス「金剛山ロープウェイ前」行き乗車、終点にて下車。ロープウェイにて山頂へ、徒歩30分
近鉄長野線「富田林駅」下車、金剛バス「千早ロープウェイ前」行き乗車、終点にて下車。ロープウェイにて山頂へ、徒歩30分