観月讃仏会

金堂と三尊

金堂から見る月見団子と月

開祖・鑑真和上を奉安する御影堂の庭園が特別に開放され、和上と共に中秋の名月をめでる法要が金堂で行われます。御影堂では、裏千家大宗匠による大和上とお月様への献茶式が行なわれます。法要はまだ日が沈む前から始まり、法要が終わる頃には日が沈み、いよいよライトアップされた本堂と三尊がご開帳となります。

その他県内の観月会はこちら→観月会・観月祭

日時・拝観料

【日時】2019年9月13日(金) 18時〜

【拝観料】駐車場・拝観料ともに無料(日中は有料なので注意)



唐招提寺

世界遺産「古都奈良の文化財」の一つとして登録されている唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。鑑真和上が創建され、境内に残る多くの諸堂、仏像が当時のまま現存する日本を代表する古刹として知られます。毎年5月に行われる「うちわまき」は多くの人が訪れます。

唐招提寺について詳しくはこちら→唐招提寺

アクセス

<住所> 奈良県奈良市五条町13−46

<電話> 0742-33-7900

<入山時間>
8:30~17:00(観月讃仏会の日は18時より再開門)

<駐車場> 有料駐車場あり 500円(観月讃仏会の時間帯は無料)

自動車をご利用の場合
第二阪奈有料道路 宝来ランプから3km
西名阪自動車道 郡山ICから8km

電車をご利用の場合
近鉄西ノ京駅から700m