大神神社

日本最古の神社として知られる大神神社は大和国一宮にして全国の三輪信仰の総本社として栄えています。三輪山を御神体とする当社ではその御神体である三輪山に登拝することができます。また当社のシンボル的存在である大鳥居は高さ30mにもなる国内屈指の大鳥居です。県内屈指のパワースポットとして有名です。

御朱印はこちら→大神神社御朱印

大神神社の歴史

当社の創建については『古事記』や『日本書紀』に記されています。
『古事記』によれば、大物主大神が出雲の大国主神の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山にられることを望んだとあります。
『日本書記』でも同様の伝承が語られ、二神の問答で大物主大神は大国主神の「幸魂・奇魂」であると名乗られたとあります。そして『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれました。この伝承では大物主大神は大国主神の別の御魂として顕現され、三輪山にまられたということです。
まだ神社が存在する前であった時代に「祀る」という概念はここが始まりとされ日本最古の神社として有名です。


主祭神

御祭神:大物主大神

大物主大神は国造りの神様として、農業、工業、商業すべての産業開発、 方除(ほうよけ)、治病、造酒、製薬、禁厭(まじない)、交通、航海、縁結びなど世の中の幸福を増し進めることを計られた人間生活の守護神として崇敬されています。

配祀:大己貴神、少彦名神

三ツ鳥居

大神神社HPより引用

【国重要文化財】神の山・三輪山と拝殿を区切る場所に立つ。本殿にかわるものとして神聖視されてきました。拝観は参集殿で申し込みで可能です。(祭典及び神社諸行事にて拝観いただけない場合がございます。)


なで兎

卯は神社にとり、御神縁の日として崇神朝以来、卯の日にお祭りを毎月奉仕しています。卯は兎にあてられ、この兎は江戸時代より一の鳥居前の大灯籠の火袋を守っていたものであり、「なで兎」として伝わっています。現在は社務所に置かれ、参拝者の多くはなでて御神助をいただいています。

境内の見どころ

【大鳥居】

大神神社のシンボルとも言える存在の鳥居は、昭和59年10月13日の、昭和天皇ご親拝を記念、また御在位60年を奉祝して建立されました。

高さ32,2m、柱間23mの偉容を誇る、日本一の大鳥居です。材質は耐候性鋼板であり、耐久年数1300年と言われています。

【拝殿】

【重要文化財】寛文4年(1664)徳川家綱公により再建されました。当社は三輪山をご神体とするために本殿がなく、拝殿を通して三輪山を拝む原初の神まつりの姿を留めています。

【祈祷殿・儀式殿・参集殿】

平成九年に竣功した檜を用いた木造の社殿です。日々の祈祷や結婚式を奉仕しています。

【宝物収蔵庫】

三輪山麓出土の祭祀さいし考古遺物やご神像などの伝世のご神宝類、貴重な奉納品を収蔵し展示しています。

【開館日】
毎月1日・土曜・日曜・祝日。



摂社・末社

【久延彦神社】

創建は不明ですが大神神社の末社で『古事記』によると知恵の神様として現在は合格祈願などで参拝者が賑わうようです。

御祭神:久延毘古命

【狭井神社】

垂仁天皇の御代に創建されたと伝わり、ご祭神の荒魂(あらみたま)を祀る延喜式内社です。力強いご神威から病気平癒・身体健康の神様として信仰が篤く、またこちらから三輪山を登山することが可能で参拝者で賑わいます。

御祭神:大神荒魂神

【若宮社】

正式名「大直禰子神社」。 明治の神仏分離までは大神神社の神宮寺で、現在は大神神社の摂社「若宮さん」として知られています。また本尊であった国宝十一面観音は聖林寺に、脇侍の不動明王は玄賓庵に移られました。もともと寺院であったことから一般的な神社のように拝殿、本殿はなく本堂が拝殿と本殿の役割をしています。

【綱越神社】

大神神社の参道入口に位置し「祓戸の大神」を祀る神社です。夏越しの社とも言われ7月31日に「夏越の祓え」が厳粛に行われるとして知られ、社名の綱越はこの夏越から転訛したと言われます。例祭「おんぱら祭」は特に有名です。

御祭神:祓戸大神



三輪山登拝

大神神社の御神体「三輪山」ですが、実は登拝出来ることをご存知でしたか?パワースポットとして名高い大神神社で間違いなく最もパワーのある場所がこの三輪山です。神様として祀っている山に足を踏み入れる体験は本当に貴重なことです。今回は三輪山登拝について手順や内容を紹介します。

登拝についてはこちら→三輪山登拝

年中行事 2019

1月1日 1時 繞道祭
1月1日 5時 四方拝
1月7日 10時 昭和天皇三十年式年祭遙拝
1月8日 11時 献燈祭
1月15日 8時 大とんど
2月3日 11時 節分祭 福寿豆撒き式
2月4日 10時 立春祭
2月5日 14時 卜定祭
2月6日 10時半 おんだ祭 豊年講大祭
2月11日 9時 紀元祭・卯の日祭
2月15日 10時 天つ金木焼上神事
2月15日 11時 檜原神社例祭
2月17日 10時 祈年祭
3月10日 11時 初午祭
3月19日 10時 卯の日祭
3月20日 11時 植樹祭
3月21日 10時 春季皇霊祭遙拝
3月第4土曜・日曜日 11時 春の講社崇敬会大祭
3月最終日曜日 11時 椿まつり(玉列神社
4月3日 10時 神武天皇祭遙拝
4月8日 17時 春の大神祭宵宮祭
4月9日 10時 春の大神祭
4月10日 10時 春の大神祭後宴祭
4月10日 正午 後宴能
4月12日 10時 卯の日祭
4月18日 10時半 鎮花祭(薬まつり)
4月29日 9時 昭和祭
4月29日 11時 献茶祭
5月5日 11時 久延彦神社就学安全祈願祭
5月12日 10時半 播種祭(はしゅさい)
5月18日 10時 卯の日祭
6月11日 10時 卯の日祭
6月17日 10時半 三枝祭(率川神社
6月25日 10時 御田植祭
6月30日 15時 夏越の大祓・みわの茅の輪神事
7月17日 10時 卯の日祭
7月30日 16時半 綱越神社例祭宵宮祭
7月31日 10時 綱越神社例祭(おんぱら祭)
7月31日 19時 おんぱら祭奉納花火大会
8月7日 14時 七夕祭
8月10日 10時 卯の日祭
8月28日 17時 檜原神社祭
9月1日 11時 久延彦神社例祭
9月13日 18時 観月祭
9月15日 10時 卯の日祭
9月16日 10時 郷中敬老祭
9月23日 10時 秋季皇霊祭遙拝
9月第4土曜・日曜日 11時 秋の講社崇敬会大祭
10月9日 10時 卯の日祭
10月12日 10時半 玉列神社例祭
10月15日 10時 建築方除安全祈願祭
10月17日 10時 神嘗祭遙拝
10月20日 10時 抜穂祭
10月23日 15時 秋の大神祭宵宮祭
10月24日 10時 秋の大神祭
10月25日 10時 秋の大神祭後宴祭
11月3日 10時 明治祭並講社崇敬会神符頒布祭
11月3日 13時 献詠祭
11月5日 11時 豊鍬入姫宮例祭(檜原神社
11月14日 9時 卯の日祭
11月14日 10時半 醸造安全祈願祭(酒まつり)
11月15日 10時 七五三詣生育安全祈願祭
11月23日 10時 新嘗祭 農林産物品評会
12月1日 11時 久延彦神社入試合格安全祈願祭
12月3日 11時 献菓祭
12月8日 10時 年の終の卯の日祭
12月15日 10時 豊年講米初穂献納奉告祭
12月23日 10時 天長祭
12月31日 14時 年越しの大祓
12月31日 15時 除夜祭
毎月1日 10時 月次祭
毎月15日 10時 講社崇敬会月次祭並交通安全祈願祭



【春の大神祭】

大神神社HPより引用

二千年来の伝統を誇る大祭で、氏子崇敬者多数参列の下、一年に一度の例祭が斎行されます。神楽「うま酒みわの舞」が4人の巫女により優雅に奏されます。
【祭典日】
4月9日 10時〜

【夏越の大祓 みわの茅の輪神事】

「夏越の大祓」とは、正月からの半年間についた罪・穢れを、自分自身の身代わりとなる「人形」に託し、その「人形」に種々の災いを吹き移し、身も心も清々しい本来の姿を取り戻して、残る下半期を元気で健康に過ごす為の神事です。
【祭典日】
6月30日 15時〜

詳しくはこちら→夏越の大祓

【秋の大神祭】

大神神社HPより引用

大祭式で祭典が行われ、神楽「うま酒みわの舞」が四人の巫女により奉奏、秋の収穫を感謝すると共に氏子の安全を祈ります。午後からは青年会の太鼓台や地元子供会の子供神輿が賑やかに三輪の町を巡り、最後に拝殿前に集まります。
【祭典日】
10月24日 10時〜



近くの食事処

【そうめん処 森正】

大神神社鳥居のすぐ近くにある「森正」の三輪そうめんです。三輪そうめんは奈良県の名産品であり、三輪山があるこの地がそうめん発祥の地とされています。本場のそうめんを是非!

詳しくはこちら→そうめん処 森正

【クレープの自販機】

大神神社の近くに関西初登場(らしい)のクレープの自販機がある事をご存知でしたか?手軽にしかも安くクレープが食べられます。数量限定や平日・週末限定商品も!!

詳しくはこちら→クレープの自動販売機

アクセス

<住所> 奈良県桜井市三輪1422

<電話> 0744-42-6633

<駐車場> 無料駐車場あり

電車をご利用の場合
三輪駅から徒歩で10分