氷室神社

氷の神社として知られる氷室神社は昨今、奈良県のかき氷ブームの火付け役となっており、かき氷の聖地のように思われる方もいるそうです。そんな氷室神社最大の行事は5月1日に行われる「献氷祭」です(後述)。また桜の名所としても知られ多くの人が開花時期に訪れています。

御朱印はこちら→氷室神社御朱印

氷室神社の歴史

710年、勅命により平城新都の左京、春日の御蓋の春日山に鎮祀され、盛んに貯水を起こし冷の応用を教えられました。これが平城七朝の氷室で、世に平城氷室とも御蓋氷室とも春日の氷室とも言われます。翌711年6月1日初めて献氷の勅祭を興され、毎年4月1日より9月30日まで平城京に氷を献上せられました。現在の春日大社の別宮に属し式年に営繕費、年中の祭礼等は、興福寺、春日社の朱印高二万石の内と社頭所禄三方楽所料二千石の一部によって行われましたが、明治維新後はこの制度も廃せられ、専ら氏子と冷凍氷業界の奉賛によって維持せられて今日に及んでいます。




御祭神

【御祭神】

闘鶏稲置大山主命

大鷦鷯命

額田大仲彦命

献氷祭

奈良時代、この春日野に氷池(新公会堂のあたり)や氷室(荒池・鷺池を望む浅茅ヶ原一帯を推定)を設け、氷の神を祀り、春迎えの祭りを行い、順調な気候の推移と豊作を祈願する重要な祭りが営まれていました。711年に初めて献氷の勅祭が興され、以降毎年4月1日より9月30日まで平城京に氷を納めました。

献氷祭は全国各地から製氷・販売業者が参列し今年の業績成就を祈願する祭りとなり、鯛と鯉を入れて凍らせた大型の氷柱が神前に捧げられます。現在は業界繁忙な6月を避けて5月1日に行われています。

午後2時からは舞楽奉納も行われます。
【献氷祭の日程】
毎年5月1日




枝垂れ桜

奈良県観光公式サイトより引用

氷室神社の枝垂れ桜は「奈良一番桜」と呼ばれ、奈良で最も早く開花する桜と言われています。氷室神社の桜が開花すれば、追うように、県内の至る所で桜が開花していくそうで、いわば古都の春の始まりを告げる大変縁起の良い桜です。特に「四脚門」門前の樹齢100年を越える桜は迫力満点です。

【開花時期】
3月下旬 ~ 4月上旬

近くのおすすめスポット

【東大寺】

世界遺産として登録されている華厳宗総本山の東大寺です。「奈良の大仏さん」と親しまれた盧舎那仏(大仏)を本尊とし、大仏を安置する金堂(大仏殿)は世界最大級の木造建築物として有名です。他には毎年3月に行われる修二会(お水取り)も有名です。

詳しくはこちら→東大寺

【奈良国立博物館】

氷室神社の前にある博物館です。正倉院展などで知られ、年間を通じて様々な展示があります。また仏像館も併設され、国宝な重要文化財の仏像を毎日見ることができます。

詳しくはこちら→奈良国立博物館




アクセス

<住所> 奈良県奈良市春日野町1-4

<電話> 0742-23-7297

<駐車場> 有料駐車場あり

自動車をご利用の場合

名神高速道「京都南IC」から京奈和自動車道経由約60分
京奈和自動車道「木津IC」から南へ約7km
第2阪奈有料道路「宝来IC」から東へ約8km
西名阪自動車道「天理IC」からR169経由北へ約10km

電車・バスをご利用の場合

近鉄奈良駅から約15分
JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通の市内循環バス約5~10分、氷室神社・国立博物館前にて下車すぐ