【長谷寺】

西国三十三所巡礼始まりの地とされるのがここ長谷寺です。

全国に末寺三千余ヶ寺、 檀信徒はおよそ三百万人といわれ、 四季を通じ「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめています。特に牡丹の花は有名で春には「牡丹まつり」が開催され多くの参拝客で賑わいます。

御朱印はこちら→長谷寺御朱印

歴史

創建は寺伝によると、686年道明上人は、天武天皇の銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)を西の岡に安置、727年徳道上人は、聖武天皇の勅を奉じて、衆生のために東の岡に近江高島から流れ出でた霊木を使い、十一面観世音菩薩を造りました。

徳道上人は観音信仰にあつく、西国三十三所観音霊場巡拝の開祖となられた大徳(だいとく)であり、それ故に当山は三十三所の根本霊場と呼ばれてきました。

秘仏本尊:十一面観世音菩薩立像

十一面観世音菩薩立像(重要文化財)

木造 像高1,018.0cm、制作年代:室町時代

秘仏本尊である十一面観世音菩薩立像は毎年春と秋にご開帳されます。特徴として右手に錫杖、左手に水瓶を持って方形の大盤石という台座に立っており、この様式を「長谷寺式十一面観世音菩薩」と呼ばれ全国でも数多くこの様式が確認されています。

現在の御本尊は室町時代に造られましたが、過去に何度も焼失を繰り返しており、鎌倉時代には快慶が製作していたとも伝えられています。

鎌倉の長谷寺とは同じ木で製作された兄弟仏像と伝えられており、見た目や大きさ、など共通点が大きのはその為です。

登廊

長谷寺といえばこの登廊をイメージされる方も多くいるかと思います。

この登廊は重要文化財に指定されており、1039年に春日大社の社司中臣信清が子の病気平癒の御礼に造ったもので、全部で399段の階段があります。とても低い段差ですので疲れることはありません。

登廊は上中下の三廊に分かれており、下と中廊は1894年の再建で、真ん中には長谷型の灯籠を吊るしています。

長谷寺の文化財

長谷寺には多くの文化財を保有しています。

国宝:本堂、銅板法華説相図、法華経安楽行品、蒔絵経箱

重要文化財:本尊「十一面観世音菩薩立像」、雨宝童子立像、難陀龍王立像、銅造十一面観世音菩薩立像、地蔵菩薩立像、不動明王など

左の写真は奈良県指定文化財の大画軸(通常非公開)

日本屈指の花の寺

長谷寺は牡丹が有名ですが、その他にも1年を通じて境内には色々な花が咲いています。

「春」

「夏」

「秋」

 

春秋の特別公開(2018年版)

長谷寺では例年春と秋に本尊特別開帳などの特別展が行われています。

2018年の特別展情報

:3月1日〜5月31日 ⑴本尊特別開帳 ⑵大観音大画軸大開帳 ⑶春季特別寺宝展

:10月13日〜12月2日 ⑴本尊特別開帳 ⑵秋季特別寺宝展

甘味処

登廊の途中左側に「月輪院」があり、季節限定ではありますが甘味処として営業しています。長谷寺の境内はとても広い為、休憩にぴったりです。

中では抹茶やソフトクリームなどがいただけます(各500円)

アクセス

<住所> 奈良県桜井市初瀬731−1

<電話> 0744-47-7001

<入山時間>
8:30~17:00(4月~9月)
9:00~17:00(10月~11月、3月)
9:00~16:30(12月~2月)
※牡丹まつり期間等時間延長あり

<駐車場> 有料駐車場あり 500円

自動車をご利用の場合

・大阪方面から
西名阪自動車道を天理インターで降り、国道169号線を桜井方面へ。
桜井市内で国道165号線へ左折(東進)。
初瀬西の信号を左折し門前町へ。

・名古屋方面から
名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ。
榛原で国道165号線を右折(西進)。
初瀬西の信号を右折し門前町へ。

電車をご利用の場合

近鉄大阪線長谷寺駅を下車
※シーズンには急行が臨時停車します。