斑鳩文化財センター



斑鳩文化財センター

斑鳩文化財センターは国史跡藤ノ木古墳のガイダンス機能を有し、文化財の保管や展示、調査・研究の情報発信を行う施設として平成22年に開館しました。基本的に常設展示として藤ノ木古墳がメインですが、たまに普段は見ることができない特別展示を行っている時があります。

藤ノ木古墳

石棺(レプリカ)

藤ノ木古墳は当センターから徒歩2分ほどのところにある古墳時代後期、6世紀の円墳です。非常に珍しい未盗掘の横穴式石室で、家形石棺に成人男性2人が合葬されていました。現在藤ノ木古墳は外観しか見ることができず、当センターには古墳から出土した副葬品が展示されています。

詳しくはこちら→藤ノ木古墳



展示内容

館内の展示室には藤ノ木古墳から出土した代表的な副葬品のレプリカの展示をしています。さらに映像ホールでは藤ノ木古墳や斑鳩町についてわかりやすく学習することができます。

金銅製靴

金銅製鞍金具

副葬品

近くのおすすめスポット

【法隆寺】

現存する日本最古の木造建築物と知られ、1993年に世界遺産に登録されている聖徳宗総本山の寺院です。多くの国宝を有し、国内では1ヶ所における国宝建築物、国宝仏像が共に1番多く指定されています。また春と秋には秘仏公開や寺宝展が行われ多くの人が訪れています。

詳しくはこちら→法隆寺

【龍田神社】

伝承によると、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、お告げにより現在の地に法隆寺を建立し、その鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したとされます。

詳しくはこちら→龍田神社



アクセス

<住所> 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1-11-14

<電話> 0745-70-1200

<開館時間> 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

<休館日> 毎週水曜日と年末年始(12月28日~翌1月4日)

<入館料> 無料(特別展の開催期間中は有料の場合あり)

<駐車場> 無料駐車場あり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です