菩提院大御堂



菩提院大御堂

興福寺境内から道路を挟んだところにひっそりとある菩提院大御堂です。大晦日を除き普段は公開されることはなく、知る人ぞ知る通なスポットとなっています。また大晦日の除夜の鐘はこちらと南円堂で行われます。

御朱印はこちら→菩提院御朱印

大御堂と本尊

阿弥陀如来坐像

大御堂は天正8年(1580)室町時代の再建で、正面5間(17m)側面5間(14.2m)、本瓦葺きで、正面に向拝がつきます。昭和45年大修理されました。

堂内には鎌倉時代作の本尊:阿弥陀如来坐像(重要文化財)、脇侍が観世音菩薩立像と勢至菩薩立像(いずれも鎌倉時代)、その他に不動明王座像や稚児観音像、不空羂索観音菩薩が安置されています。



梵鐘

鐘楼にかかる梵鐘は永享8年(1436年)の鋳造で、かつては昼夜十二時だけではなく、明け七つと六つの間の早朝勤行の時にも打たれたことから、「十三鐘」の通称を持ちます。

大晦日の除夜の鐘はこちらと南円堂で行われ、一般人も参加できます。

奈良県内の除夜の鐘についてはこちら→除夜の鐘情報

大御堂前庭

大御堂前庭では、春日神鹿をあやまって殺した少年である三作を石子詰の刑に処したと伝わる塚があります。元禄時代、近松門左衛門の草した浄瑠璃『十三鐘』は、この伝説に取材したものとして有名です。

紅葉

実は紅葉の隠れスポットでもあり、個人的におすすめです。大晦日を除き年中人気のない菩提院ですから、紅葉もほとんそ独り占め状態になっています。

伽藍

興福寺の主要伽藍は各ページにて紹介しています。

興福寺について(メインページ)
中金堂
東金堂・五重塔
南円堂
北円堂
三重塔
国宝館
仮講堂



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です