中金堂再建記念「興福巻」



中金堂再建記念「興福巻」

中金堂再建を記念し、興福寺では2月3日限定でご祈祷米を使用した「興福巻」が300本販売されます。

興福塩座を使用した精進巻きずしで具材は、古代米、新香、赤かぶ、ほうれん草をを用いて中金堂落慶を祝う五色幕を表現しています。

販売場所・時間・価格

【販売場所】興福寺東金堂前

【販売時間】12時〜(無くなり次第終了)

【価格】1本 800円
    木箱福豆セット 1,200円


興福寺中金堂

中金堂は興福寺伽藍の中心になる最も重要な建物ですが、1717年に焼失し、その後は仮講堂が建設されただけにとどまってきました。しかし2018年10月に300年ぶりに再興されました。金堂としての大きさは奈良市内では東大寺大仏殿に次ぐ建築物です。

詳しくはこちら→中金堂

追儺会(鬼追い式)

鬼追い式の様子

追儺会とは興福寺の節分行事です。除災招福、病気平癒を祈願する法要が行われ、その後東金堂前で6匹の鬼を毘沙門天が退治する鬼追い式が行われます。観衆は「毘沙門天さま、頑張れ〜!」と声援を送り無事に退治してもらいます。

18時半〜 薬師悔過(星祭り)
19時〜 鬼追い式
19時半〜 福豆撒き


アクセス

<住所> 奈良県奈良市登大路町48

<電話> 0742-22-7755

<駐車場> 有料駐車場あり

<拝観時間> 9:00〜17:00(受付は16:45まで)

<拝観料>
中金堂 500円
東金堂 300円
国宝館 700円
共通券(東金堂+国宝館)900円

電車をご利用の場合
近鉄奈良駅より徒歩5分
JR奈良駅より徒歩15分




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です