梅林が見頃(馬見丘陵公園)



馬見丘陵公園の梅林

広陵町の馬見丘陵公園では梅林が見頃を迎えました。梅林には100本植えられ迫力があります。梅林の場所は中央エリアの南東部(カリヨンの丘の西隣)にあるので、一番近いのは東口にある駐車場です。広大な敷地の公園ですから違うところに駐車するとかなり歩くことになるので要注意です。

開花時期:2月上旬〜3月下旬

県内の梅の名所はこちら↓↓

梅の名所

馬見丘陵公園とは

馬見丘陵は、東西約3km、南北約7kmに及ぶ低い丘陵地で、この丘陵は馬見古墳群のエリアと一致し、古墳の集積地となっています。丘陵東部に位置する馬見丘陵公園は、これらの開発から自然や古墳群を保全するため、「歴史と自然に囲まれた憩いの空間」を目指して開園されました。

梅の様子

紅白の梅が綺麗に咲いています。梅林には100本植えられ迫力があります。近くでピクニックを楽しまれている方もおり、天候の良い日には最適でしょう。



アクセス

<住所> 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202

<電話> 0745-56-3851

<入園料> 無料

<利用時間> 9:00~17:00

<駐車場> 無料駐車場あり(東口駐車場がおすすめ)

自動車をご利用の場合

西名阪自動車道法隆寺ICから約15分
西名阪道法隆寺IC→県道5号線を南下→寺戸南交差点を右折→巣山古墳西交差点を右折

電車をご利用の場合

近鉄田原本線「池部駅」下車、緑道北口(緑道エリア)まで徒歩2分
近鉄大阪線「五位堂駅」より奈良交通バス33系統「馬見丘陵公園」下車すぐ(バス停「馬見丘陵公園」は公園の中央駐車場内にあります)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です