練り供養会式



練り供養会式

正式名は「聖衆来迎練供養会式」。當麻寺春の大祭で、中将姫は當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生されました。その様相を再現したのが練り供養会式です

当日は境内に長い掛け橋が渡され観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽へ導きます。

1000年を越える伝統を持つこの行事は、国内の「練供養」の発祥で、境内は、数多くの参詣者で埋め尽くされます。

日時・場所

日時:4月14日  16時〜

場所:當麻寺境内(雨天の場合は、来迎橋ではなく、曼荼羅堂の周囲を行道します。)  

※2018年までは5月14日に開催でしたが、2019年以降は毎年4月14日の開催に変更となります。


當麻寺について

當麻寺は、白鳳・天平様式の大伽藍を有する古刹です。金堂の弥勒仏や四天王、梵鐘などの白鳳時代の文化財や、創建時の三重塔が東西一対で残る全国唯一の寺でもあります。本尊「當麻曼荼羅」は、中将姫が目の当たりにした極楽浄土の光景を表したものです。

詳しくはこちら→當麻寺

練り供養の様子

練り供養の様子です。来迎橋を二十五菩薩や僧侶たちが歩きます。

近くのおすすめスポット

【石光寺】

草創は約1300年前、天智天皇(668~671在位)の勅願で建てられ、 役小角の開山と伝えられます。日本最古の白鳳時代の石仏(当時の本尊)と他に瓦や仏せん(せんぶつ)が出土しました。花の寺として知られ、境内には季節ごとに多種多様な花が咲いています。

詳しくはこちら→石光寺



アクセス

<住所> 奈良県葛城市當麻1263

<電話> 0745-48-2008

<入山時間> 9:00~16:00

<拝観料> 大人500円・小学生250円

<駐車場> 臨時駐車場あり

自動車をご利用の場合
大阪方面からお越しの場合
西名阪道からは「柏原IC」を下り国道165号を南東に約15分で「當麻寺」交差点へ
南阪奈道からは「葛城IC」を下り県道30号を北に約5分で「當麻寺」交差点へ
「當麻寺」交差点を西に曲がると當麻寺参道へ

名古屋・奈良方面からお越しの場合
西名阪道「香芝IC」を下り国道168号を南へ、香芝警察署を左折、「磯壁」を右折、「良福寺」を右折、「新在家北」を左折して「當麻寺」交差点へ。所要時間約30分
「當麻寺」交差点を西に曲がると當麻寺参道へ

電車をご利用の場合
近鉄南大阪線「当麻寺駅」下車 徒歩にて約15分
JR和歌山線「高田駅」下車 タクシーにて約15分
近鉄大阪線「大和高田駅」下車 タクシーにて約15分




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です