中野美術館



中野美術館

中野美術館は、創設者の中野皖司が、家業林業に従事するかたわら、約25年にわたり収集した近代日本の洋画・日本画コレクションを中心に、昭和59年3月に開館した比較的新しい美術館です。館蔵品による展覧会を中心に公開しています。

館内の様子

当館は2階が入口となっており、順路として2階から1階へ降りていく形式になっています。またラウンジから見える『日本書紀』にも登場する蛙股池(菅原池)を一望できます。

洋画展示室

ラウンジから見る蛙股池

日本画展示室

茶室



主な展示物

当館を代表するコレクションを紹介します。常にこれらのコレクションが展示されているとは限りません。※画像の一部は中野美術館HPより引用

「ヴァイオリン」

「再生したる林檎樹」

「松の群」

「夏の午後」

展覧会情報

春期展「大正・昭和の絵画」(前期) 令和4年3月12日(土)~4月17日(日)
春期展「大正・昭和の絵画」(後期) 令和4年3月23日(土)~5月29日(日)
所蔵名作展「日本画・洋画の名品」 令和4年6月4日(土)~7月10日(日)

近くのおすすめスポット

【大和文華館】

中野美術館に隣接する美術館です。近鉄の創設50周年を記念して開館しました。所蔵品は2000件を超え、国宝4件重要文化財31件が含まれます。また野趣に富んだ美しい自然園“文華苑”は必見です。

詳しくはこちら↓↓

大和文華館

【松柏美術館】

奈良市登美ヶ丘の閑静な住宅街に建つ松伯美術館では、女性日本画家にして気品ある精神性豊かな近代美人画を生み出した上村松園を中心に、その息子・松篁、孫の淳之の三代にわたる作品を常時展示しています。

詳しくはこちら↓↓

松柏美術館



アクセス

<住所> 奈良市あやめ池南9丁目946-2

<電話> 0742-48-1167

<入館料金> 大人 600円、高・大生 500円

<入館時間> 10:00〜16:00(入館は15:45まで)

<休館日> 毎週月曜日

<駐車場> 無料駐車場あり(3台)

<HP> http://www.nakano-museum.jp/index.html

電車でお越しの場合
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口から徒歩8分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です