天石立神社



天石立神社

奈良市の東の端に県内屈指のパワースポットとして名高い天石立神社(あまのいわたて)が鎮座します。通常神社は拝殿と本殿を有しますが、こちらでは巨岩を直接拝する古式のスタイルが特徴的です。中でも真っ二つに割られたように見える一刀石は有名です。

歴史・御祭神

創建年は不明です。しかし本殿がなく岩を直接拝する古式祭祀の形態を遺す古社であり、かなり古くから創建していたと考えられます。平安時代『延喜式神名帳』には小社として記載されています。

また社伝によれば、手力男之命が開いたという天の岩戸の扉が空を飛んでこの地に落ちたとも伝えられます。

御祭神:豊磐牖命、櫛磐牖命、天岩戸別命、天照大姫命



巨岩

当社では各巨岩ごとに御祭神を祀っています。また周囲にある岩にも3,123柱の神々が宿るとしており、これらがパワースポットと名高い理由の一つでもあります。

前立磐:豊磐牖命、後立磐:櫛磐牖命、前伏磐:天岩戸別命、きんちゃく岩:天照大姫命

前立磐・後立磐

前伏磐

きんちゃく岩

一刀石

長さ8m、幅7m、高さ2m

この大きな岩は花崗岩ですが、中央で見事に割れています。一説によると、柳生新陰流に始祖・柳生宗厳(石舟斎)が天狗を相手に修行していて、天狗と思って切ったのがこの岩だとされています。



アクセス

<住所> 奈良県奈良市柳生町789

<駐車場> なし

電車・バスでお越しの場合
JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス柳生・邑地中村行「柳生」下車、徒歩15分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です