開花天皇 春日率川坂上陵



開花天皇 春日率川坂上陵

第9代開化天皇(孝元天皇7年 – 開化天皇60年)の陵墓です。三条通りにひっそりとある御陵で、御陵を見慣れない観光客はその独特な空間に足を止めます。

丘陵約100mの前方後円墳「念仏寺山古墳」に治定されています。近世には隣の念仏寺の墓地になったため墳丘は削られましたが、幕末に墓地の移転と陵の修補がなされて現在に至っています。

開化天皇は孝元天皇7年に孝元天皇の第二皇子として誕生します。その後、孝元天皇57年に即位され、翌年、春日の率川宮に都を遷都しました。

しかし開化天皇は欠史八代(2代目〜9代目天皇)と呼ばれる実在が不確かな天皇の一人とされています。

近くのおすすめスポット

【漢國神社】

御陵から徒歩5分ほどにある漢國神社は593年に創建創建された古社です。境内には日本唯一の饅頭の社「林神社」があり、4月19日の饅頭まつりでは饅頭が振る舞われます。

詳しくはこちら→漢國神社



アクセス

<住所> 奈良県奈良市今辻子町

<駐車場> なし

電車でお越しの場合
近鉄奈良駅より徒歩5分
JR奈良駅より徒歩8分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です