御弓始祭(大和神社)



御弓始祭

大和神社の御祭神・八千戈大神(やちほこのおおかみ)の例祭です。新年を迎えての弓打ち神事として厄払いで、一年の健康と作物の豊作を祈願します。祭典後(13:30~)、拝殿前で天理南中学生、奈良県弓道連盟の方々で、小笠原流弓術の作法で弓を射ます。また11:50〜先着500名まで善哉の振舞いがあります。

日程・場所

【日程】1月4日 11:50〜15:00

    11:50〜 ぜんざいのお振舞い

            13:00〜 御弓始祭

【場所】大和神社



祭の様子

【善哉(ぜんざい)】

11:50〜13:00

参拝者に善哉のふるまいがあります。善哉は、500食用意しており、無くなり次第終了です。

中にはそれぞれ形の違う焼き餅が2個入っており、御弓始祭が始まるまでの間参拝者を温めてくれました。

【御弓始祭】

13:00〜15:00

まず拝殿で祭典が行われ、祭典の後にまず宮司と氏子が弓を射ます。その後から天理南中学の弓道部の生徒らが続き、最後に奈良県弓道連盟の方々が、小笠原流弓術の作法で弓を射ます。

【動画】



大和神社とは

大和神社(おおやまと)は日本有数の古社として知られ、二十二社の中七社に列し、国家の重大事、天変地異の時などに朝廷から特別の奉幣を受けた神社です。また戦艦大和のゆかりの神社としても有名です。4月に行われる「ちゃんちゃん祭り」は無形民俗文化財に指定されています。

詳しくはこちら↓↓

大和神社

アクセス

<住所> 奈良県天理市新泉町306
<電話> 0743-66-0044
<駐車場> 無料駐車場あり(境内)
電車をご利用の場合
JR長柄駅より徒歩8分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です