龍田神社



龍田神社

伝承によると、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したとされます。創建時の社名は「龍田比古龍田比女神社」で、龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀っていました。延喜式神名帳にも龍田比古龍田比女神社の名前で記載され、小社に列しています。しかし、後に龍田大社より天御柱命・國御柱命の二神を勧請し、その後、龍田神社と社名を変更しました。現在は天御柱命・國御柱命を主祭神とし、龍田比古神・龍田比女神を配祀しています。

御朱印はこちら→龍田神社御朱印

御祭神

【御祭神】

天御柱命
國御柱命
竜田比古神
竜田比女神



近くのおすすめスポット

【吉田寺】

吉田寺(きちでん)はぽっくり寺として知られています。参拝者の中でも特に老人が多いのは、この仏に祈ると腰から下の世話をかけずに往生できるといわれているからであり、ぽっくり往生できることからぽっくり寺と言われています。

詳しくはこちら→吉田寺

アクセス

<住所> 

<電話> 0745-75-3163

<駐車場> 無料駐車場あり(境内)

電車とバスをご利用の場合
JR大和路線・近鉄生駒線王寺駅より奈良交通バス「龍田神社前」下車、徒歩すぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です