吉野水分神社




吉野水分神社

千本桜として知られる吉野の上千本にあたる場所に鎮座する神社です。水分と書いて「みくまり」と珍しい読み方をします。桜の名所は吉野山だけではなく、境内にある枝垂れ桜は桜と境内の相性が抜群に良く、開花時期には多くの人が参拝します。2004年7月に、ユネスコ世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録されました。

御朱印はこちら→吉野水分神社御朱印

歴史・御祭神

創建年は不明ですが、延喜式神名帳にはその名が記載されており、少なくとも編纂された平安時代以前には創建されていたことがわかります。また「大和四処水分」の一つと記載されており、吉野八大明神の一社で俗に子守大明神とされています。水分とはその名の通り水を分配する神様です。田畑に水を配分する神として進行され、毎年4月3日に行われる御田植祭は吉野町無形文化財に指定されています。

子守大明神として信仰されるようになったのは、「みくまり」が訛って「みこもり」となったからだとされています。また豊臣秀吉が花見にこの地へ来た際に、当社へ祈願したところ秀頼を授かっています。

【御祭神】
右殿・・・萬栲幡千幡比咩命、玉依姫命、瓊瓊杵命

正殿・・・天之水分大神

左殿・・・高皇産霊神、少名彦神、御子神




境内の様子

現在の境内は豊臣秀吉が花見にこの地へ来た際に、当社へ祈願したところ秀頼を授かった御礼として秀吉・秀頼が再建に尽力され現在の境内が完成しました。楼門、拝殿、本殿など社殿6棟が重要文化財に指定されています。桃山文化の建築様式を取り入れた大変美しい境内です。

境内の様子

楼門(重文)

回廊と拝殿

秀頼寄進の湯釜




桜の名所

境内にある枝垂れ桜は特に人気でその美しさから春には多くの人が訪れます。

【開花時期】3月下旬〜4月上旬

アクセス

<住所> 

<電話> 0746-32-2717(広岡宮司宅・17時30分以降)

<駐車場> 無料駐車場あり(2台ほど)

電車・バスでお越しの方へ
近鉄吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約1時間30分
吉野山駅からバスで23分の「奥千本口」下車、徒歩15分。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です