京終駅がリニューアル



京終駅がリニューアル

JR京終(きょうばて)駅を1898(明治31)年の開業時の姿に復元する工事が終わり、2月23日、駅舎内の観光案内所の開所式が行われました。併せて「京終駅コミュニティ駅長」の委嘱式と、奈良市出身の俳優・加藤雅也さんへの奈良市観光特別大使の委嘱式も行われました。

また元駅長室を利用した駅舎カフェも誕生しています。

新しい京終駅

コミュニティー駅長

難読地名 京終

京終(きょうばて)を初見で読める人はまずいないと言っても過言でないほど難読地名かと思います。奈良県には多数の難読地名がありますが、その中でもトップクラスの難しさでしょう。

京終の由来は奈良時代まで遡り、当時の都である平城京の南東の外れに位置することから京の端(終わり)が語源とされています。




駅舎カフェ

京終駅の元駅務室スペースに、カフェ「ハテノミドリ」がオープンしました。カウンターやホームに臨むテーブル席など約20席があり駅ならではの良さが存分に活かされています。

<営業時間> 11:00〜19:00

<定休日> 月・水曜日

近くのおすすめスポット

【崇道天皇社】

璉珹寺の横に鎮座する崇道天皇社です。本殿は重要文化財に指定されており、桃山時代に建てられたとされる春日大社若宮社の本殿を1623年に移築したものです。璉珹寺とも関わりの深い神社です。

詳しくはこちら→崇道天皇社

【璉珹寺】

崇道天皇社の隣に建つ璉珹寺です。天平年間に聖武天皇の勅願で行基により開基され、平安時代に紀有常により改めて伽藍を建立され再興されたと伝わっています。毎年5月にご開帳となる阿弥陀如来像は必見です。

詳しくはこちら→璉珹寺

アクセス

<住所> 奈良県奈良市南京終町211



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です