鶴林寺



鶴林寺

生駒山中腹、暗峠の近くにある寺院です。鎌倉時代の「諸山縁起」にその名が記載されおり、創建は白鳳時代、修験道の祖・役行者によって開山されたとされています。当寺の山号は「鬼取山」といい、役行者が儀学、儀賢の二鬼を捕らえたという伝承からこのような山号になりました。かつては生駒山腹に位置していましたが、江戸時代に現在地へ移転しました。また行基菩薩の開基とも伝えられています。

近くのおすすめスポット

【森のレストラン ラッキーガーデン】

鶴林寺からほど近くにあるスリランカ料理店です。「桜エリア」×「羊エリア」隣り合わせの2つのエリアがあり、それぞれ違うメニューを楽しめます。また山の中腹から見下ろしながらの食事は至福のひとときです。

詳しくはこちら→森のレストラン ラッキーガーデン

【教弘寺】

生駒山の中腹にあるひっそりとした山岳寺院です。修験道の祖である役行者が開山したとされる古刹は最盛期には多くの諸堂を有したとされています。現在では本堂と中之坊、奥の坊だけになり無住の寺院です。

詳しくはこちら→教弘寺



アクセス

<住所> 奈良県生駒市鬼取町

<拝観> 境内自由

<駐車場> なし

電車でお越しの場合
近鉄南生駒駅から西北3キロメートル



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です