例大祭(孫太郎稲荷神社)



例大祭

毎年12月初旬に薬師寺の参道に鎮座する孫太郎稲荷神社では当社最大の行事である例大祭が行われます。決して大規模な例大祭ではありませんが、薬師寺と縁も深い当社ならではの神仏習合の名残を垣間見えるなど、他ではなかなか見れない珍しい祭りです。

日程・場所

日にち:12月第1日曜日

時間:11時〜

場所:孫太郎稲荷神社拝殿

孫太郎稲荷神社とは

薬師寺の駐車場から参道を進むと現れる神社で、「孫太郎稲荷神社(まごたろう)」と読みます。隣接している薬師寺の鎮守社でもある休ヶ丘八幡宮の末社にあたり、江戸時代初期に姫路からこの地へ移られました。さらに古くは栃木県が始まりの地とされる謎多き神社でもあります。

詳しくはこちら↓↓

孫太郎稲荷神社

大祭の様子

大祭は11時より始まります。取材した時は新型コロナウイルスの影響により神楽等は行われませんでしたが、神輿が出るような大規模な祭りではありません。

特徴としては隣接する薬師寺の僧侶も参加し、般若心経を唱える箇所があり、神仏習合の名残を見ることが出来ます。

大祭の時間はおおよそ1時間(コロナによる縮小あり)でどなたでも大祭に参加することが可能です。

近くのおすすめスポット

【薬師寺】

世界遺産薬師寺の創建は680年、天武天皇は皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願し藤原京に薬師寺を発願しました。710年に都が平城京に移ると、薬師寺も718年に現在の地に移りました。修二会花会式は特に有名な行事です。

詳しくはこちら↓↓

薬師寺

【唐招提寺】

世界遺産唐招提寺の創建は759年に唐から日本で初めて正式の戒律を伝えた鑑真和上です。純粋な律宗の研修道場として当初は「唐律招提」と称し、勅願を賜ってから「唐招提寺」となりました。毎年5月19日の「うちわ撒き」は特に有名な行事です。

詳しくはこちら↓↓

唐招提寺

【蕎麦戯・さか本】

薬師寺と唐招提寺の間にある蕎麦屋です。他では滅多に食べられない本格的な十割そばがいただけます。あまりの美味しさに西の京へ立ち寄った際はほぼ毎回お邪魔しています。

詳しくはこちら↓↓

蕎麦戯・さか本



アクセス

<住所> 奈良県奈良市西ノ京町409−1

<電話> 0742-33-6001

<拝観料> 境内自由

<駐車場> 有料駐車場あり 500円(薬師寺にて)

自動車をご利用の場合
第二阪奈有料道路 宝来ランプから3km
西名阪自動車道 郡山ICから8km

電車をご利用の場合
近鉄西ノ京駅からすぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です