奈良県立美術館



奈良県立美術館

奈良県立美術館は、美術の振興を図り、県民文化の向上に資するため、 1973年3月、風俗史研究家・日本画家の吉川観方 氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に開館しました。その後、由良コレクション、大橋コレクションなどが寄贈さ、さらに富本憲吉の近代陶芸のほか、奈良にゆかりの 深い作家などの作品も随時収集し、鎌倉時代から現代に 至るまでの絵画、工芸、彫刻、書跡、風俗資料など4100点を超えています。

年間を通じて様々な企画展示が行われています。

展示スケジュール

奈良の刀剣-匠の美と伝統- 2018年 4月21日〜6月24日
美の新風 〜奈良と洋画〜 2018年 7月21日〜9月17日
ブラティスラヴァ世界絵本原画展 2018年 10月6日〜12月2日
肉筆浮世絵 2019年 1月19日〜3月17日
ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅 4月13日〜6月2日
富本憲吉入門 -彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか 6月29日~9月1日
生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし 9月28日~11月17日
生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン 2020年 1月25日~3月15日



近くのおすすめスポット

【興福寺】

世界遺産「古都奈良の文化財」の一つとして登録され、西国三十三所の第九番札所や阿修羅像で知られます。さらに国宝仏像は全国の13%がここ興福寺の仏像です。平成30年10月には中金堂が落慶しました。

詳しくはこちら→興福寺

【奈良国立博物館】

氷室神社の前にある博物館です。正倉院展などで知られ、年間を通じて様々な展示があります。また仏像館も併設され、国宝な重要文化財の仏像を毎日見ることができます。

詳しくはこちら→奈良国立博物館



アクセス

<住所> 

<電話> 0742-23-3968

<駐車場> なし(近隣に民間の駐車場あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です