能楽堂が完成(大神神社)



能楽堂が完成

画像はイメージ

兼ねてより建設が進んでいた大神神社能楽堂が11月に完成しました。この建物は2階建て、1階の能楽堂には文化勲章を受章した日本画家・前田青邨の描いた松の木を背景にした能舞台と350の客席が備えられます。

11月10日の舞台開きでは、観世流の素謡「神歌」や大蔵流の狂言「福の神」が上演されました。

大神神社とは

日本最古の神社として知られる大神神社は大和国一宮として全国の三輪信仰の総本社として栄えています。三輪山を御神体とする当社ではその御神体である三輪山に登拝することができます。また当社のシンボル的存在である大鳥居は高さ30mにもなる国内屈指の大鳥居です。

詳しくはこちら→大神神社


近くのおすすめスポット

【そうめん処 森正】

大神神社鳥居のすぐ近くにある「森正」の三輪そうめんです。三輪そうめんは奈良県の名産品であり、三輪山があるこの地がそうめん発祥の地とされています。本場のそうめんを是非!

詳しくはこちら→そうめん処 森正

【クレープの自販機】

大神神社の近くに関西初登場(らしい)のクレープの自販機がある事をご存知でしたか?手軽にしかも安くクレープが食べられます。数量限定や平日・週末限定商品も!!

詳しくはこちら→クレープの自動販売機

アクセス

<住所> 奈良県桜井市三輪1422

<電話> 0744-42-6633

<駐車場> 無料駐車場あり

電車をご利用の場合
三輪駅から徒歩で10分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です