奈良で力士に会える?



奈良で力士が見れる?

3月に大阪で開催される大相撲三月場所(春場所)の期間中、各部屋の力士達は関西に部屋を構えます。奈良県では3つの部屋が宿舎を構えており、朝稽古の見学などができます。

【浅香山部屋の様子】



宿舎一覧

奈良県の相撲部屋の宿舎・朝稽古の見学場所をまとめています。

稽古見学ができない部屋や、稽古をしていない日もあるため、必ず事前に確認を取ることをオススメします。

二子山部屋

師匠:竹内 雅人(大関 雅山)
幕内力士:なし(平成31年春場所現在)
住所:奈良県桜井市三輪1181 池田様方

錣山部屋(しころやま)】

師匠:錣山 矩幸(関脇 寺尾)
幕内力士:阿炎(前頭六枚目)
住所:奈良県大和高田市旭南町8-36 (株)大和ガス

【浅香山部屋(あさかやま)】
師匠:浅香山 博之(大関 魁皇)
幕内力士:なし
見学時間:7時半〜11時
駐車場:有料駐車場あり
奈良県生駒市高山町5035 くろんど荘内

奈良巡業

春場所が終わると巡業が行われ、奈良市と五條市に横綱をはじめ力士が勢ぞろいします。

巡業は、相撲道の普及、地域の活性化、青少年育成を目的として行われています。また取り組みだけではなく、ファンとの交流の時間や初切といった普段の場所では行われない楽しいイベントもあります。

【五條市場所】4月1日(月)
会場:上野公園総合体育館シダーアリーナ
住所:五條市上野町246
詳しくはこちら→五條市場所詳細

【奈良市場所】4月2日(火)
会場:ならでんアリーナ
住所:奈良市法蓮佐保山4丁目1-3
詳しくはこちら→奈良市場所詳細



相撲神社

相撲神社は穴師坐兵主神社の摂社です。国技発祥の地として知られます。相撲とは神の信仰から出て、国土安穏、五穀豊穣を祈る平和と繁栄の祭典です。

相撲の歴史は2千年前、垂仁天皇の時代に大兵主神社神域内小字カタケヤシ(現在の相撲神社の地)において、野見宿禰と当麻蹶速による日本最初の天覧相撲が行われました。

詳しくはこちら→穴師坐兵主神社(相撲神社)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です