「白文 華厳唯心偈」屏風特別公開(東大寺)



「白文 華厳唯心偈」屏風特別公開

細川護熙元首相により東大寺に奉納された『白文 華厳唯心偈』屏風を9日間限定で天皇殿で公開されます。聖武天皇像などを安置する天皇殿は、毎年5月2日に行われる「聖武天皇祭」の時だけ公開される基本的に公開していない建物です。

また最近、薬師寺にて細川護熙元首相の障壁画が公開があった事も記憶に新しいところです。

薬師寺障壁画についてはこちら→慈恩殿障壁画特別公開

日程・場所

【日程】11月2日(土)〜11月10日(日)

【拝観料】500円

【場所】東大寺天皇殿



作品の様子

堂内は正面以外は撮影可能となっており、細川氏の屏風の撮影も可能です。屏風は華厳唯心偈が書かれています。内容は以下の通り

心如工画師 画種種五陰
一切世界中 無法而不造
如心仏亦爾 如仏衆生然
心仏及衆生 是三無差別
諸仏悉了知 一切從心転
若能如是解 彼人見真仏
心亦非是身 身亦非是心
作一切仏事 自在未曾有
若人欲求知 三世一切仏
応当如是観 心造諸如来

【作品概要】
作品名:白文 華厳唯心偈
寸法:高さ1,870mm×横幅3,404mm×厚み18mm
書字:膠胡粉

東大寺

世界遺産として登録されている華厳宗総本山の東大寺です。「奈良の大仏さん」と親しまれた盧舎那仏(大仏)を本尊とし、大仏を安置する金堂(大仏殿)は世界最大級の木造建築物として有名です。他には毎年3月に行われる修二会(お水取り)も有名です。

詳しくはこちら→東大寺



近くのおすすめスポット

【第71回 正倉院展】

秋の奈良の風物詩として全国から訪れる展覧会です。今年の会期は10月26日(土)~11月14日(木)と天皇殿特別公開と重なるので両方観覧するのもオススメです。

詳しくはこちら→第71回 正倉院展

【東大寺ミュージアム】

天皇殿の近くにある東大寺ミュージアムは「東大寺の歴史と美術」をテーマに、奈良時代の東大寺創建、鎌倉時代の東大寺復興、室町時代から江戸時代にかけての再度の再建など各時代に生み出された寺宝を紹介しています。

詳しくはこちら→東大寺ミュージアム

【南大門】

天皇殿の近くにある日本最大の山門「東大寺南大門」です。創建時の南大門は平安時代に大風で倒壊し、現在は鎌倉時代に東大寺復興に尽力された重源上人によって再建されました。国内最大の仁王像・金剛力士像も有名です。

詳しくはこちら→南大門



アクセス

<住所> 奈良県奈良市雑司町406−1

<電話> 0742-22-5511

<駐車場> 民間の有料駐車場あり

自動車をご利用の場合
名神高速道「京都南IC」から京奈和自動車道経由約60分
京奈和自動車道「木津IC」から南へ約7km
第2阪奈有料道路「宝来IC」から東へ約8km
西名阪自動車道「天理IC」からR169経由北へ約10km

電車をご利用の場合
JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス(外回り)「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
または市内循環バス(外回り)「氷室神社・国立博物館」バス停下車、徒歩約5分

神戸・三宮からお越しの方(最速時間)
阪神なんば線「三宮」~近鉄奈良線「奈良駅」約80分
阪神なんば線「三宮」~近鉄奈良線「大阪難波駅」約40分
近鉄奈良線「大阪難波駅」~近鉄奈良線「奈良駅」約40分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です