天平大菊人形展



天平大菊人形展

奈良公園バスターミナル屋上広場では「天平大菊人形展〜仏教の伝来と定着〜」が開催されています。奈良時代に遣唐使により文化とともに中国から渡来した菊の花で奈良時代の様子を表現しています。また間も無く開催される「正倉院展」を意識した作品もあります。

日程・場所

【日程】令和元年10月19日(土)〜10月27日(日)

【時間】9:00〜17:00

【入場】無料

【場所】奈良公園バスターミナル 屋上広場



菊人形の様子

菊人形は聖武天皇や光明皇后、吉備真備など当時の奈良を代表する方々がいます。奈良時代の衣服を菊で表現した姿は圧巻です。さらに正倉院展でお馴染み聖武天皇の愛用した品々も展示されています。

聖武天皇・光明皇后等

聖武天皇と大仏殿

螺鈿紫檀琵琶(菊)

螺鈿紫檀琵琶

鳥毛立女屏風(菊)

鳥毛立女屏風

平螺鈿背八角鏡(菊)

平螺鈿背八角鏡



近くのおすすめスポット

【東大寺】

世界遺産として登録されている華厳宗総本山の東大寺です。「奈良の大仏さん」と親しまれた盧舎那仏(大仏)を本尊とし、大仏を安置する金堂(大仏殿)は世界最大級の木造建築物として有名です。他には毎年3月に行われる修二会(お水取り)も有名です。

詳しくはこちら→東大寺

【興福寺】

「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産に登録され、西国三十三所の第九番札所や阿修羅像で知られます。さらに国宝仏像は全国の13%がここ興福寺の仏像です。平成30年10月には中金堂が落慶しました。

詳しくはこちら→興福寺

【奈良国立博物館】

氷室神社の前にある博物館です。正倉院展などで知られ、年間を通じて様々な展示があります。また仏像館も併設され、国宝な重要文化財の仏像を毎日見ることができます。

詳しくはこちら→奈良国立博物館

【奈良県立美術館】

バスターミナルから徒歩数分の所にある美術館です。鎌倉時代から現代に 至るまでの絵画、工芸、彫刻、書跡、風俗資料など4100点を保存、展示しています。また季節ごとに様々な企画展を行なっています。

詳しくはこちら→奈良県立美術館



アクセス

<住所>  奈良県奈良市登大路町76

<電話> 0742-81-3152

<運営時間>
バスターミナル 7:30〜22:00
展示等施設営業時間 7:30〜18:30
お問い合わせ対応時間 9:00〜17:00

電車・バスでお越しの場合
近鉄奈良駅より徒歩10分
JR奈良駅東出口ターミナルから奈良交通2系統市内循環バス「県庁前」下車



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です