元興寺

世界遺産元興寺は蘇我馬子が6世紀末、日本最古の寺院「法興寺(飛鳥寺)」が平城遷都に伴って718年に法興寺は現在の地に移転し元興寺と改めました。奈良時代には興福寺東大寺と並ぶほどの寺域を誇っていました(現在のなら町ほぼ全域)が衰退し、現在ではその殆どを失いました。曼荼羅を本尊とする珍しい寺院でもあります。

御朱印はこちら→元興寺御朱印

元興寺の歴史

元興寺の創建は飛鳥時代に遡ります。蘇我馬子が6世紀末、飛鳥に建立した日本最古の本格的寺院「法興寺(飛鳥寺)」の後進にあたります。平城京遷都に伴い、飛鳥にあった薬師寺、厩坂寺(現・興福寺)、大官大寺(現・大安寺)などは新都へ移転しました。法興寺は養老2年(718年)平城京へ移転しましたが、飛鳥の法興寺も廃止はされずに元の場所に残り、飛鳥大仏を本尊とする飛鳥寺となり現在に至ります。奈良時代の元興寺は東大寺、興福寺と並び南都七大寺の一つとして栄えました。現在のならまち一帯は元興寺の境内と考えられています。しかし都が平安京に遷都してからは衰退の一途を辿り今ではそのほとんどの寺域を失いました。



極楽堂(本堂)

極楽堂(国宝)鎌倉時代

東室南階大房(僧坊)の三房(室)分を寄棟造、本瓦葺六間四面の聖堂に改造されたもの、僧坊の一室(極楽坊)の身舎部を内陣とし、東妻を正面として前面向拝とした鎌倉時代新和様の堂々たる建造物です。
奈良時代の往生人智光、礼光両法師の禅室として、また、百日念仏講衆の往生極楽院として極楽堂、智光法師感得の浄土曼荼羅が祀られたので曼荼羅堂とも呼ばれました。

本尊 智光曼荼羅

智光曼荼羅(重要文化財)室町時代

奈良時代の元興寺学僧智光が感得したと伝える阿弥陀浄土変相の一種で、浄土三曼荼羅の一つとされています。原本は宝徳3 (1451) 年に焼失しましたが小画面であったらしく、現存する板絵本 (鎌倉時代前期) や、この厨子入り絹本着色本などの転写本によれば、宝楼閣と宝池に囲まれた阿弥陀三尊を中心とする18の聖衆のほか、手前宝池上に6舞楽菩薩、2比丘を配する比較的簡略な構成です。宝池の左右橋上に2比丘を置くのがこの曼荼羅の特徴です。




法輪館

極楽堂横にある元興寺の宝物を展示する建物です。館内には国宝・五重小塔(後述)をはじめ、阿弥陀如来像(重文)、聖徳太子立像(重要文化財)など文化財に指定された貴重な品々が展示されています。

こちらでグッズの販売や特別展なども開催されています。

【五重小塔】

元興寺HPより引用

五重小塔(国宝)奈良時代 高さ約5.5m

光明皇后の発願により建立された元興寺西小塔堂に安置されていたとされ、現存する奈良時代盛期の五重塔としては唯一のものとして有名です。軸部は等間隔三間で、初層から上に従って三寸ずつ低減しています。細部まで本格的な建築物であり、国分寺の塔の十分の一の本様(雛形)であろうという意見もあります。近代を迎えるまでは、極楽堂の床を落として収蔵していたといわれています。

元興寺の瓦

元興寺では飛鳥時代(法興寺創建)の古式瓦を伝えています。法隆寺玉虫厨子の屋根表現はこの丸瓦を意識しています。画像の中心部分の色が変わっているところが飛鳥時代の瓦です。平城遷都に伴い、飛鳥寺も718年にこの地に移り寺名を法興寺から元興寺に改めました。その際法興寺で使用されていた瓦がこちらで再利用されました。

旧鐘楼礎石のあたりから眺めると良く見えます。

【国宝禅室 屋根裏探検】

平成10年の「平城遷都1300年」に実施し、好評を博して以来の8年ぶりの企画。日頃は非公開の国宝禅室の屋根裏に上がり、ヘルメットを着用し懐中電灯を片手に建築構造や部材などを見学します。

開催期間など詳しくはこちら




かえる石

大坂城のかえる石です。河内の川べりにあった殺生石でしたが太閤秀吉が気に入り大坂城に運び込まれました。淀君の霊がこもっているとも伝えられます。その後元興寺に移され極楽堂(本堂)に向かって安置されました。福かえる、無事かえるの名石として、毎年7月7日に供養されます。

浮図田

境内にある2500基の石塔・石仏を総称して浮図田(ふとでん)と呼びます。浮図田は寺内および周辺地域から集まったものです。鎌倉時代から江戸時代にかけてのものが多く、当寺や興福寺の人々、近在の人達が浄土往生を願って建てた石仏供養塔です。

元興神

元興寺の鐘楼に悪霊の変化である鬼が出て、都の人たちを随分こわがらせたことがあります。その頃、尾張国から雷の申し子である大力の童子が入寺し、この鬼の毛髪をはぎとって退治したという有名な説話があります。この話から、邪悪な鬼を退治する雷を神格化して、八雷神とか元興神と称することになり、鬼のような姿で表現するようになりました。元興寺にまつわる鬼のことをガゴゼとかガゴジとかガンゴなどの発音で呼ばれ、日本全国にも伝わっているようです。




地蔵会

元興寺地蔵会は、昭和23年(1948)に復興された宗教行事で、曼荼羅堂に掲げられる各界知名士奉納の行燈絵などが初志の行事を今に伝えます。現在の灯明を点じての供養は、昭和63年(1988)、浮図田の整備とともに、その作法として発意したものです。

【開催日】
8月23日・24日

近くのおすすめスポット

【御霊神社】

ならまちはかつて元興寺の境内であったため御霊神社も史書によれば元興寺御霊神社とも呼ばれていました。近年では恋愛成就の神社として人気のスポットです。

詳しくはこちら→御霊神社

【春日庵】

明治三十年の創業以来「さつま焼」一筋のほほえましく「わび」「さび」の風情が愛され茶席にも好んで用いられている和菓子です。2階では茶房もしており、さつま焼きやわらび餅、カキ氷などをすぐ横の世界遺産元興寺を眺めながらいただくことができます。

詳しくはこちら→春日庵




アクセス

<住所> 奈良県奈良市中院町11

<電話> 0742-23-1377

<拝観時間> 9:00〜17:00

<駐車場> 無料駐車場あり(地蔵会の時は利用できません)

電車・バスでお越しの方へ
近鉄奈良駅から徒歩15分
福智院町下車、徒歩5分

JR奈良駅徒歩20分
田中町下車、徒歩5分