桜本坊




桜本坊

桜の名所として知られる吉野の代表的な寺院です。大峰山寺の護持院の一つで修験道の祖役行者を本尊としています。創建以来、修験者たちが多く参詣し「大峯奥駈道」の出発点であるここ吉野山を出ます。また多くの寺宝を有しており、毎年春と秋には特別公開されます。

御朱印はこちら→桜本坊御朱印

歴史

寺伝によると、天智天皇から逃れた弟の大海人皇子(後の天武天皇)は、「桜本坊」の前身である日雄(ひのお)離宮にとどまっていた。ある冬の日に桜が咲き誇っている夢を見た皇子が役行者の高弟に訊ねたところ、「桜の花は花の王と云われ,近々皇位に着くよい知らせです」と答えられました。その後、壬申の乱に勝利し,皇位に着いた天武天皇は、夢で見た桜の木の場所(日雄離宮)に寺を建立したとされたとしています。

本尊・役行者像

役行者倚像(重要文化財)

木造 像高:146.6cm 鎌倉時代

役行者像の多くは老年期のひげを生やした姿がほとんとですが、桜本坊の行者像は19歳の等身大の姿をしています。衣の一部には現在も色彩が残り、大きな欠損もなく保存状態は比較的良好です。しかし行者像は本来、前鬼・後鬼が左右に従っておりましたが、明治の神仏分離・廃仏毀釈の法難の折、行方知れずとなり今日に至ります。




釈迦如来坐像

釈迦如来坐像(重要文化財)

銅像鍍金 像高:17.9cm 飛鳥・白鳳時代

天武天皇は櫻本坊を建立ご開創に際し、この釈迦如来を造立され、ご自身のご念持仏として祀られたとされる仏像です。現在でも金が剥げること無く残っている非常に保存状態の良い仏像で、吉野で現存する最古の仏像です。細長い目・柔らかい印象を与える丸みのあるお顔など飛鳥白鳳時代の特徴とも言える点が随所に見られます。

吉野聖天祭

法要の様子

聖天祭とは秘仏 十一面観世音菩薩 特別ご開帳法要のことを指します。吉野聖天、役行者が1350年前、大峰々中奥深く「聖天の森」に祀られた日本最古の聖天です。その後、より多くの方がお参りできるようにと吉野山櫻本坊にご遷座した歴史があります。

【日程】10月1日 13時〜

境内の様子

桜本坊の境内には本堂をはじめ、吉野聖天を祀る聖天堂や弘法大師を祀る大師堂などまるで本堂が3つあるような伽藍配置になっています。そしてそれらお堂の裏側に寺宝を安置している宝聚堂があり、公開時のみ宝聚堂は開かれます。




年中行事

1月1日・2日 修正会・新春護摩供
2月3日 節分会
2月17日 前方便伝授会・九字伝授会
4月6日〜17日 釈迦如来坐像 特別ご開帳
4月8日 花まつり
5月5日・6日 得度受戒会
5月6日 護身法伝授会
6月30日 勤行作法伝授会
7月17日〜21日 大峯奥駈修行
8月24日 千体地蔵尊大祭
10月1日 吉野聖天祭
10月5日・6日 得度受戒会
10月6日 護身法伝授会
11月9日〜17日 天武天皇ご神像 特別ご開帳
11月10日 天武天皇祭
毎月最終土曜日 お護摩の日・書禅会

アクセス

<住所> 奈良県吉野郡吉野町吉野山1269

<電話> 0746-32-5011

<開門時間>
8時30分~16時(不定休)

<駐車場> なし

電車をご利用の場合
近鉄吉野線吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約30分。または吉野山駅からバスで8分の「竹林院前」下車、徒歩2分




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です