上御堂(法隆寺)



上御堂

大講堂の裏にある普段は非公開の上御堂です。天武天皇の皇子である舎人親王の発願によって建立したと伝えていますが、989年に倒壊し、現在の建物は鎌倉時代に再建されたものです。堂内には平安時代の釈迦三尊像と室町時代の四天王像が安置されています。

【公開期間】毎年11月1日~3日

公開時限定の御朱印はこちら↓↓

法隆寺 上御堂

釈迦如来像

釈迦三尊像(国宝)

木造 像高 中尊:227.9cm 左脇侍(文殊菩薩):155.7cm 右脇侍(普賢菩薩):約153.9cm 平安時代

記録には「盧舎那仏」とされていますが、釈迦三尊像です。三尊とも桜を主材とした一木造りで、平安時代らしい肉付きと顔の表情が特徴的です。しかし法隆寺内には多くの飛鳥仏があるためなのか、台座に裳裾が垂れ下がる古い形式(金堂釈迦三尊像など)も取られており、平安時代と飛鳥時代の両方を表している珍しい仏像です。

法隆寺の伽藍

法隆寺の主要堂塔については各ページで詳しく紹介しています。

法隆寺(メインページ)はこちら↓↓

法隆寺

金堂・五重塔大講堂はこちら↓↓

金堂・五重塔・大講堂(法隆寺)

東室・聖霊院・妻室はこちら↓↓

東室・聖霊院・妻室(法隆寺)

三経院・西室はこちら↓↓

三経院・西室(法隆寺)

西円堂はこちら↓↓

西円堂(法隆寺)

食堂・綱封蔵はこちら↓↓

食堂・綱封蔵(法隆寺)

大宝蔵院はこちら↓↓

大宝蔵院(法隆寺)

夢殿はこちら↓↓

夢殿(法隆寺)



アクセス

<住所> 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1

<拝観時間>
2月22日~11月3日:午前8時~午後5時
11月4日~2月21日:午前8時~午後4時30分

<拝観料> 一般1,500円 / 小学生750円

<駐車場> 近隣に民間の駐車場あり

電車をご利用の場合
JR法隆寺駅より
徒歩約20分
バス「法隆寺参道」行き 法隆寺参道下車



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です