名勝 旧大乗院庭園



名勝 旧大乗院庭園

四季真景図(興福寺蔵)

八窓庵(奈良国立博物館

奈良ホテルに隣接する「名勝 旧大乗院庭園」はかつて「南都随一の名園」と謳われた庭園です。大乗院は、1087年(寛治元年)に創建された興福寺の門跡寺院です。庭園は室町時代の徳政一揆で荒廃しましたが、作庭の名手善阿弥によって改造されます。将軍足利義政を始め公家たちが拝観に訪れるなど、明治初頭まで南都随一の名園と称えられていました。奈良国立博物館に移築されている茶室の八窓庵(含翠亭)は、かつて大乗院にあったものです。

庭園の様子

1995年からは奈良文化財研究所による発掘調査と並行して、江戸時代末期の門跡・隆温が描いた「大乗院四季真景図」をもとに復元工事が進められ現在の姿になりました。四季折々の花が庭園を彩ります。



文化館

大乗院庭園の入口でもある文化館には、大乗院を復元した模型や、関係資料の展示を無料公開する歴史的文化遺産に親しむ施設です。また各種催しに利用いただける茶室や会議室(有料)を備えています。

観月の夕べ

大乗院庭園で最も人気の催しがこの「観月の夕べ」です。毎年中秋の名月に行われる夜間拝観は幽玄な世界が広がります。

また当日はお茶席も用意されています。県内屈指の老舗和菓子店「中西与三郎」の上質なお茶菓子と共に至福のひと時を過ごせます。

【日 時(2019年)】9月13日(金)17:30~20:30(お茶席受付は20:00まで)

【入園料】300円 お茶席も同時開催(入園料含650円)

その他県内の観月会はこちら→観月会・観月祭



近くのおすすめスポット

【福智院】

大乗院庭園のすぐ近くにある真言律宗の寺院です。本堂のサイズからは想像できない、大きな地蔵菩薩像(重文)で知られます。また県内屈指の御朱印で有名な寺院としても知られ、多くの人が参拝します。

詳しくはこちら→福智院

【元興寺】

世界遺産元興寺は、明日香村に建立した日本最古の本格的寺院「法興寺(飛鳥寺)」が平城遷都に伴って現在の地に移転したのが始まりです。往時には興福寺東大寺と並ぶほどの大寺院でしたが、現在は衰退しひっそりと佇んでいます。

詳しくはこちら→元興寺

アクセス

<住所> 奈良県奈良市高畑町1083-1

<電話> 0742-24-0808

<拝観時間> 9:00~17:00

<拝観料> 一般:200円、小・中学生:100円、幼児:無料

<休館日> 月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は、その翌日)、年末年始(12/26~1/5)、祝日の翌日(土日は除く)

<駐車場> なし

電車・バスでお越しの場合
JR・近鉄奈良駅→奈良交通バスで天理駅・下山行き「奈良ホテル前」下車すぐ
JR奈良駅から徒歩20分、近鉄奈良駅から徒歩15分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です